HOME / ディーリング事業

ディーリング事業

当社のディーリング部門は、国内商品市場で最大級のプロップハウスです。プロップハウスとは、自己資金(株主資本等)で投資運用を行う組織のことです。当社ディーリング事業は、国内最大の商品市場である東京商品取引所をはじめ、世界最大のデリバティブ市場であるCMEグループの取引所メンバー資格を保有しており、世界中の商品市場、株式市場で自己資金の運用を行っています。

当社は以下の取引所メンバーシップを保有しています。

東京商品取引所 市場参加者資格(貴金属市場、石油市場、農産物・砂糖市場)

ニューヨーク商品取引所(COMEX) Non-Clearing Member (貴金属市場)
シカゴ商業取引所(IMM) Non-Clearing Member (外国為替市場)
ドバイ商業取引所(DME) Non-Clearing Member (石油市場)

経験豊富なディーラー集団による効率的な運用体制

当社は経験豊富なディーラーを多数擁し、世界中の市場で資金運用を行っています。その、対象市場、ディーラーの取引手法等は多岐に亘ります。市場、銘柄、手法の分散によって安定的で効率的な運用を行っています。

取引手法の例

  • アービトラージ取引
    異なる取引所に上場されている同じ商品間や、同一商品の限月間や、相関の高い商品間の割高・割安の変動を収益化する取引です。勝率も高く安定した収益を望める取引手法です。
  • 短期売買(デイトレード)
    短期間の値動きを予測しその値動きを収益化する取引です。ディーラーのトレーディングセンスと、鋭い感覚が必要となる取引手法です。
  • 自動売買
    あらかじめ決まったロジックに基づいてプログラミングを行い、市場に自動的に発注を行う取引です。ディーラーの恣意的な判断や体力に関係なくコンピュータに売買させることにより、長時間のトレードが可能となります。

厳格な内部管理体制とリスク管理体制

当社ディーリング部は運用を担当するディーリング部とリスク管理等を担当する業務部の2部体制となっており、厳格な内部管理体制を敷いています。それに加え、ディーリング事業は常設委員会の管理・監督下にあり、内部統制をより強固なものとしています。また、24時間カバーするリスク管理体制を敷き、事業リスクの低減を図っています。

手厚いディーラー・サポート体制

日夜、世界中のマーケットで取引を行うディーラーのサポート面も充実させています。事務作業等は業務企画管理部で全面的にサポートし、ディーラーが取引に集中できる環境を作っています。また、部門内にアナリストチームを抱え、市場動向の調査等より積極的なディーラー・サポート体制を敷いています。

このページの先頭へ