HOME / 再生可能エネルギー関連事業 / その他再生可能エネルギー関連事業

その他再生可能エネルギー関連事業

当社ではまだ事業化に至っていませんが、その他再生可能エネルギーについても事業化を検討しています。

バイオマス発電事業

バイオマス発電は、主に木質燃焼の熱を利用して電気をつくる発電方式です。発電した後の排熱は、周辺地域の暖房や温水として有効活用が可能です。

バイオマスエネルギーには、木質燃料、バイオ燃料(バイオエタノール)、バイオガスなど複数の種類の資源あります。設備も木質燃料を主とする大型設備から、バイオガス発生装置がバイオマス発電設備と合わさった小規模設備まで様々なタイプがあります。

発電に必要なエネルギーをいかに確保するかが重要なため、自治体と提携するなど、継続して燃料を調達できる環境が必要です。

特徴

  • 地球温暖化対策
    光合成によりCO2を吸収して成長するバイオマス資源を燃料とした発電はCO2を排出しないもの(カーボン・ニュートラル)とされています。
  • 循環型社会を実現
    未活用の廃棄物を燃料とするバイオマス発電は、廃棄物の再利用や減少につながり、循環型社会の構築に大きく寄与します。
  • 農山漁村の活性化
    家畜排泄物、稲ワラ、林地残材など、国内の農山漁村に存在するバイオマス資源を利活用することにより、農山漁村の自然循環環境機能を維持増進し、その持続的発展を図ることが可能となります。
  • 地域環境の改善
    家畜排泄物や生ゴミなど、今まで捨てていたものを資源として活用することで、地域環境の改善に貢献できます。

風力発電事業

風力発電は、風の力で風車をまわし、その回転運動を発電機に伝えて電気をつくる発電方式です。モーターの電気スイッチを入れると軸が回って動力になりますが、これと反対のことをすれば電気ができます。その動力として、自然にある風を利用するものです。

風力発電は、資源(風力)が枯渇する心配がなく、発電時にCO2を出さないなどのメリットがあります。その一方で、まとまった電力を得ようとすると広大な面積が必要なこと、時間・季節・天候などに影響されやすく出力変動が大きいこと、風車が回転する際に発生する騒音などの課題があります。

特徴

  • 比較的低い発電コスト
    再生可能エネルギーの中では発電コストが比較的低いため、近年では従来の電気事業者以外の事業者も商業目的での参入を進めています。工期の短さもメリットとなっています。
  • 高い変換効率
    風車の高さやブレード(羽根)によって異なるものの、風力エネルギーは高効率で電気エネルギーに変換できます。
  • 地域のシンボル
    大きな風車は地域のシンボルとなり、「町おこし」などでも活用されています。
  • 夜間も稼働
    太陽光発電と異なり、風さえあれば夜間でも発電できます。

水力発電事業

水力発電は高いところにあるダムやため池、タンクなどから水道用水や農業用水などを供給する際、途中に水車発電機を設置して発電を行います。落差さえあれば発電が可能という、適応可能範囲が非常に広い発電方法です。

太陽光発電や風力発電に比べて単位出力あたりのコストが非常に安く、また発電機出力の安定性があることから、電力需要の変動に応じた発電量の調整が容易です。

特徴

  • 成熟した技術
    既に高度に確立された技術を使うため、今まで未利用だった中小規模の河川や農業用水路などを水力発電に利用することが可能です。
  • 自然の形状を有効活用
    河川や用水路などの流れをそのまま利用する「流れ込み式中小水力発電所」は、自然の形状をそのまま利用するのでダムのような大規模な施設が不要です。
  • クリーン・エネルギー
    太陽光発電同様、発電時にCO2を排出しない、代表的なクリーン・エネルギーです。
  • 河川環境の改善
    河川の未利用水資源を活用すると、河川環境の改善にもメリットがあり、総合的な環境保全に結びつきます。
お問い合わせ 03-5447-9536 メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ